ラゴイ・ベイ

14 08, 2018

1,300ヘクタールにもわたるラゴイ・ベイは、新しい「ビンタンの中心」となっています。このエリアには、どんな味覚も満足させる多種多様な料理やレストランがそろっています。ビーフレンダンからゴレンピサンケジュまで、地元料理を試したり、最高に新鮮なシーフードを味わったり、各国料理の味をご堪能ください。 日中は太陽のもとでお腹を一杯にして楽しいひとときを過ごしましょう。ラゴイ・ベイには、プラザ・ラゴイ、ラゴイ・ビーチ、ラゴイ池があります。また、ラゴイ・ベイ・ランタン・パークやRumah Imajiなどの観光名所もあります。

ラゴイ・ベイ2019-01-14T16:35:14+00:00

ビンタン・ラグーン・リゾート

27 08, 2018

Say ‘I DO’ in front of the majestic South China Sea.   With over 300 hectares of beachfront gardens on the tropical paradise of Bintan Island, Bintan Lagoon Resort offers possibilities galore for you to capture the most important day ...

ビンタン・ラグーン・リゾート2018-08-29T10:51:23+00:00

チル・コーブ@トレジャーベイ・ビンタン

16 11, 2018

チル・コーブ@トレジャーベイ・ビンタンは、暁から日没まで、ご家族全員が当地域のエキサイティングな水上・陸上アクティビティを楽しめる最新のアドベンチャー広場です。   お腹を満たしたい時や、ちょっと時間を取って6.3ヘクタールのクリスタル・ラグーンの雄大な景色をゆっくり満喫したい時は、豊富な食べ物や飲み物をお楽しみください。地元の人気料理、ミニバーガーやフライドポテトといった軽食、ジューシーなシーフードから選んでいただき、たっぷりお召し上がりください。

チル・コーブ@トレジャーベイ・ビンタン2019-01-15T09:18:42+00:00

コタ・セボン

19 11, 2018

コタ・セボンの地区は、地元の食べ物の集会所です。リゾートの快適なゾーンの向こうで空ききったお腹の飢えと渇望を満たしましょう。プジャセラフードセンターに足を延ばすと、楽しい驚きに出会えます。フードセンターには、ビンタンのラマック・バサモで最も有名なナシ・パダンがあります。それは、ヒダンスタイルで提供され、個々のプレートに載ったお料理は、食べた分だけ請求されます。インドミー・ゴレンやゴレン・ピサンといった他の地元料理もお試しください。プジャセラにご滞在の間に、日常雑貨、軽食、地元のSIMカードを手頃な価格で購入できるプロビジョンショップを探しに近所を探索してみましょう。シーフードを食べたい気分の場合は、すぐ近くにあるレストランカンポン・ネラヤンに向かうといいでしょう。そこでは、様々なスタイルで生のシーフードが提供されます。

コタ・セボン2019-01-15T09:38:30+00:00

マングローブ川

19 11, 2018

セボン川とも呼ばれるビンタンのマングローブ川をボートで下り、目にも美しい、美味しいご馳走に備えましょう。木造の杭上住居(ケロンとも言います)にあるレストランでお食事をし、その日に獲られた新鮮なシーフードをお楽しみください。 セボン川には何百もの野生動物や動物種が生息しています。静かな水の上で次の獲物を狙うカワセミを見つけたり、深いマングローブ森から聞こえる様々な猿の鳴き声にそっと耳を傾けたり、地元の漁師が日常の仕事に出かけるのを眺めたりしてください。 インドネシア風の味わいのシーフード料理に舌鼓を打ち、新鮮なフルーツジュースを味わうとともに、輝く満天の星やマングローブの全景に驚かれることでしょう。

マングローブ川2019-02-20T14:59:31+00:00